本文へスキップ

大会の特徴The feature of the meet

毎月を基本と開催するTAMAハーフマラソンとは…。


○○○○○○○○イメージ

気軽に参加出来る多摩川恒例のハーフマラソン。

・毎月500名前後のランナーが参加
・脚を痛めにくい河川敷コース
・練習場の一環をモットーに何時でも気軽に参加下さい。
・最寄り駅から会場迄徒歩5分前後の好立地。
・トイレは会場付近に12基御座います。
○○○○○○○○イメージ

「全長距離を延ばす事で飽き疲れ防止に拘っています。」

・全長は約6300mを使用した往復コースです。
・キロ表示は1km事に設置
・給水箇所は全5箇所(お水・スポーツドリンク・給食)
 ※6月〜8月は被り水と氷が追加設置されます。

2018年・4月より・高校生の部が解放されます。

○○○○○○○○イメージ

「世代を超えて切磋琢磨・中・高校生の参加を解放致します。」

2018年より26回目の開催を迎えます。
ようやく地に足を付けだした事を受け、改め”中・高校生の”方にも気軽に参加出来るよう割引価格で参加する事になりました。

大人と混じりながら互いに切磋琢磨していきましょう!

運動部・走友会などスポーツ愛好団体の皆様、お問い合わせくださいませ。


○○○○○○○○イメージ

「TAMAハーフマラソンはラジオ体操の延長版を目指しています。」

本コースは多摩川の河川敷(土舗装)コースを用いた地元定番の河川敷コースと
なります。
当実行委員会は地元の有志メンバーを中心に結成されたランニング愛好家集団です。

決して高速で走る設定ではありませんが、何時どなたでも気軽に参加出来る大会を目指し、大きな創りは出来なくても、愛好家から重宝される定番レースとして長く開催し続ける事が出来ればと考えております。


バナースペース